出会い系で強姦・レイプ被害に遭うなんてありうるのか


出会い系は、今も危険か?

出会い系というと、少なくとも一時期は『加害者と被害者は出会い系サイトで知り合った模様』なんてニュースがよく流れたもんじゃ。

そのせいで、今も出会い系にはブラックなイメージがまとわりついておる。
特に被害に遭う側に回ることの多い女性としては、気になるところじゃろうのう。

今日はそのあたりについて、少しだけお話してみたい。


出会い系で強姦なんて時代遅れ

なんか誤解されそうなタイトルじゃが、出会い系以外で強姦するのが流行りといっているわけではもちろんないぞい。

出会い系サイトで強姦・レイプにあった事件は、最近でももちろん全くなくなったわけではない。
というか、間違いなく存在するぞい。

ただ、下の図を見てほしいんじゃ。



出典:警視庁 サイバー犯罪対策
『あぶない!出会い系サイト』

これを見ると何が分かるか?

ひとつは、粗暴犯(暴行や傷害)や重要犯罪(殺人や強姦、強盗)に巻き込まれる例は非常にまれであること。

そして、ほとんどが青少年保護育成条例や児童福祉法、出会い系サイト規正法、児童買春など、18歳未満の女性が自分の意思で出会い系サイトを使用、援助交際に手を出したことによる犯罪件数ということじゃ。

つまり、(重要犯罪のところ以外は)18歳未満とはいえ、女性の同意があるケース。
もし強制や脅迫があったとしたら強姦罪になるので、重要犯罪に数えられるはずじゃからのう。

もちろんおぬしが18歳未満なら出会い系サイトを使うべきではない。
“ダメ、ゼッタイ”じゃ。

しかし、18歳以上で出会い系サイトを使うのが法令上許されるのなら、強姦(レイプ)・殺人などの被害に会う確率は世間で恐れられているより圧倒的に低いといえよう。

例えとして適切かどうかわからんが、「レイプに遭うのが怖いから出会い系を避ける」というのは、「墜落が怖いから飛行機を避ける」レベルにもったいないことのように、ワシには見えるのう。

 

それでも気をつけるべきである

誤解しないで欲しいんじゃが、ワシは出会い系を使って強姦・レイプ等の犯罪行為をたくらむ者が皆無だと言っているわけじゃあないぞい。

実際に、ほとんどが18歳未満との(同意のある)援助交際やその類似行為による犯罪となっているとはいえ、一部には重要犯罪もあるとデータが示しておるでのう。

つまり、普通の見知らぬ男に対して抱くような警戒心は出会い系を使うときにはもっておかねばならんぞい。

具体的には、相手と会う場所に注意するべきじゃ。
詳しくいえば、

・会う場所に注意。
人目のない場所はダメ。一般的でない店も避けるべき(クラブなど)。
・相手に注意。
相手の人となりを把握するよう努めること。
具体的には、コミュニケーション能力を見る。
会話をしていて違和感がないか?
自分のことばかり話す人間でないか?
友達になれる雰囲気があるか?・・・など。
相手のことが本当に良く分かるまで、家やカラオケなど、二人きりになれる場所には行かない。

といった感じじゃな。

どんな優良出会い系サイトを使おうとも、結局は一般男性と一般女性。
いい人もいれば、普通の人もいる。

・・・そして一部悪いやつもいるんじゃ。

相手を良く見て、相手が良く分かるまでは二人きりにならない。
大手チェーンの店などで食事をするのがいいじゃろう。

それでは、警戒しすぎて出会いを逃さない程度に警戒しつつ、良い出会い系ライフをの!

 

【追伸】
もしおぬしが「若い男性と会いたい!」というのでない場合、年齢層のやや高い出会い系を使うのはリスクを軽減するじゃろう。

たとえば、オトナの出会いと謳っているYYC(ワイワイシー)ならば他より落ち着きのある出会いが期待できるじゃろう。

 

【さらに追伸】

最近、女性が運営している出会い系サイトで、この「出会い系サイトでレイプされることがありうるのか」という疑問に切れ味するどく答えているサイトを見つけた。

さらに言えば、「女性のための出会い系攻略」ということで、女性の気になりそうな疑問にもかなり答えているようじゃ。相互リンクサイトではないんじゃが、紹介している出会い系もきちんと出会えるサイトであることは間違いないので、紹介しておこう。

出会い系に至る病。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

出会い仙人じゃ。

10年近い出会い系経験で
実際に会いまくっている
サイトのみ紹介するぞい!

詳しい説明はコチラ

相互リンクサイト様

このページの先頭へ

error: Content is protected !!