一番良い出会い系とは結局どこなのか?

出会い系 一番良い


出会い系における永遠のテーマ。


それは『一番良い出会い系とは結局どこなのか?』ではないじゃろうか?


「出会い系 ランキング」「出会い系 比較」「出会い系 評価」など、出会い系関連の検索ワードは数知れず存在するが、おそらく知りたいのはただ一つじゃろう。


というわけで、今日は一番良い出会い系について、書いていくぞい。


(この記事は2017年12月9日に再編集済みじゃ。安心して読んでほしい。)


人によって異なる”一番良い出会い系”

結論から言うと、一番良い出会い系は、「人によって違う」が答えじゃ。


当たり前じゃが、どういう志向か、どんな年齢なのか、などの状況によってベストの選択肢は異なる。


じゃから、一番良い出会い系とはどこなのかについて考えるときには、場合分けをする必要がある。


ただし、この場合はこのサイト、とたくさんありすぎても全く意味がないじゃろうから、厳密さより単純さを重視して、目的別に以下の3つに分けて進めるぞい。


1.恋人が欲しい場合
2.セフレが欲しい場合
3.結婚相手が欲しい場合


恋人が欲しい場合

まず、恋人が欲しい場合について、考えていくとしよう。


相手によっては結婚も考えないこともないが、「婚活しなきゃ!」と焦っているわけでもなく、『今は恋人がいないから、付き合える異性が欲しいな』という場合じゃ。


この層に関しては、このサイトで繰り返し繰り返し言っている通り、絶対に会える出会い系6選をおすすめするぞい。


その際に気をつけて欲しい点が一つある。
恋人が欲しいんじゃったら、ピュア掲示板のみを使う、もしくはプロフィール検索をするとしてもピュア掲示板のみに投稿している子だけを狙うことじゃ。


アダルト掲示板は”プロ”や”小遣い稼ぎ目的の会えない子”も多く、会えたとしてもちょっと変わっている子が多いので、ちゃんと付き合うには不向きな子が多いんじゃ。


ピュア掲示板のみを使うことで、デリヘル業者やキャッシュバッカーの脅威も軽減するので、一石二鳥じゃよ。


(※ 2017年追記:現在では、ピュア掲示板でも「パパ活」をするデリヘル業者などが出てきたので、ピュア掲示板や、ピュア目的の子に見えたとしても、題名をよく読んでからアプローチすること!)


セフレが欲しい場合

おぬし、エロエロかつ正直者じゃのう(笑)


セフレが欲しい場合、方法は二つある。ただそれを教える前に、一番大事なことを伝えたい。


セフレが欲しいからといって、『セフレ・・・』とか『・・・な奥様』とか、エッチな名前のサイトを使うのは、絶対にナシじゃ。)同じ男子として、「ヤリたい!」という気持ちになるのはよくわかるんじゃが、「スッキリ」するどころか「サッパリ」会えない。保証するぞい)


前も言った気がするが、女の子はHな雰囲気のサイトには登録しない。名前からしてやばいのなんて絶対ダメじゃ。


セフレ探しも、使うサイトはいつも通り。そう、絶対に会える出会い系6選で十分じゃ。
(ただし、前からいっているとおりPCマックスがエロには強い)


では、2つの方法を教えるぞい。


1.アダルト掲示板を使う
性的な欲求不満から出会い系に登録している女の子も確かにいる。


じゃから、セフレが欲しい場合、アダルト掲示板から素人の子に連絡する、というのが王道じゃな。しかし、ここで問題なのが、素人の子以外(業者や援助交際)を見分ける方法じゃ。


とは言っても簡単じゃ。「アダルトな出会いがほしいという子にメールする」。
基本的には、これだけじゃ。


ただし、掲示板、もしくは返信に以下の要素があれば業者や援助交際と判断して切っていく(こちらから連絡を絶つ)ことも必要。


・援助交際用語を使う。例えば、苺(1.5万円)、ホ別/別(ラブホテル代は別に払ってね)、ゴム有(これは分かるのう)、5K(K=1000円なので5000円)、サポ・ヘルプ・お願い・¥・円・園・○・意味わかる人(援助交際のこと)など


・外部サイトに誘導する。例えば、『このサイトにはあんまり来ないの。こっちにいつもいるから、こっちに連絡くれるかなぁ?http//www.…』


2.ピュア掲示板を使う
(※ 2017年追記:2017年12月現在だと、こちらの方法のほうがおすすめじゃ。残念ながら、アダルト掲示板の業者率が、以前よりも上がってしまっておるからの)


ピュア掲示板から普通にメル友になる⇒会う⇒仲良くなる、までは恋人作りと同じじゃ。


ここからが大事なんじゃが、不快になるかもしれないので、女性は読まない方がいいかもしれん。


方法は単純。じゃが簡単ではない。


『付き合う』とか『恋人』とかの言葉を一切使わず(相手から出されてもうまくかわし)セックスに持ち込むことじゃ。これで全ての子がセフレになってくれるわけではないんじゃが、自分から離れられなくてセフレ・ヤリ友のような関係に甘んじてしまう子が結構いるぞい。


ワシの知り合い(というか、ワシが教えて出会い系を始めた元・同僚)にはこれだけでセフレが2桁(!)になった超つわものがおる。その友人いわく、


『自己評価が低い子を狙う。メールでも分かるほど自己評価が低い子の場合、100%成功する』


だそうじゃ。あまりやりたくない方も多いと思うが、修羅の道を歩みたいなら参考にしてほしい。


結婚相手が欲しい場合

これは唯一、使うサイトがちょっと違ってくる。


おぬしが40歳以上じゃったり、またはターゲットを40歳以上にしぼって探している場合には、華の会メールが一番良い出会い系じゃろう。


華の会メールは、「中高年の出会い系」としてシニア層の出会いに特化したサイトじゃ。なので、真面目な出会いを望む層が集まっており、結婚を望んでいる、悪い言い方をすれば若干焦っている方も多いというわけじゃな。


もし20代の子と結婚を狙っている場合は、ワクワクメール、YYC、ラブサーチあたりがおすすめじゃ。


どれも信頼度や会員数はかなりのものなので、下に書いたように状況に応じてどちらを使うか決めればいいと思うぞい。


【ポイント制のワクワクメールYYCが向いている状況】
・サイトに時間をあまりかけられない
・結婚相手を探してはいるがそんなに焦っておらず、ゆっくり探していくつもり


【定額制のラブサーチ[18禁]が向いている状況】
・サイトで相手をサーチする時間がある
・相手とメールをたくさんする時間がある
・結婚を強めに意識している


・・・今日の記事を見返すと、テーマは『一番良い出会い系』なのに、なぜかセフレ/アダルト関連についての項目の分量が多いのう(笑)


このサイトは基本男性向けじゃが、いつもは男女どっちにも通用することを書いておるつもりじゃ。


ただ、今回は完全男性向けの内容があったのう。あなたが女性なら、申し訳なかった。


いずれにせよ、ここまで読んでくれてありがとう。
では、またのう!


2017年12月追記:
ワシが2017年のマッチングアプリ・出会い系サイト情勢の変化に鑑み、「ぼっち」というキャラクターとなって立ち上げたのが、以下のレビューサイトじゃ。


ぼっちの出会い系攻略|会社辞めて評価・レビュー中!


ワシは、2018年も間近の現在でも、エッチ目的にPCMAXを使いつつ、真面目な出会いにはワクワクメールを利用しながら、出会い系ライフを楽しんでおる。


しかし、新登場したマッチングサイトやマッチングアプリなど、このところの出会い系業界の移り変わりはかなり激しい。(だからこそ、2017年11月19日より、すべてのページを再編集(追記・修正)しているんじゃよ)


この「出会い仙人の出会い系サイトレビュー」においても、ペアーズやウィズ、tinderなどの最新のマッチングサイト・マッチングアプリは扱えていなかった。


実際、出会い仙人の出会い系レビューは2013年立ち上げなので、2012年の開設であるペアーズはとらえきれてなかったんじゃ。(withは2016年開設なので、当然ながらレビューできなかった(笑))


しかしながら、上記のサイトではそのあたりも網羅し、ワシとしても、これまで10年以上にわたる出会い系経験の、集大成というべきコンテンツになっておる。(だから、逃げも隠れもせず「ぼっち」=「ワシ(出会い仙人)」だといえる)


ぜひ一度、ご覧いただきたいサイトじゃ。特に、サイト右上の「10年利用中のおすすめ出会い系サイト」のコンテンツには自信ニキじゃ(笑)


番宣が長くなってすまんかった。ではでは、よろしくの。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

出会い仙人じゃ。

10年近い出会い系経験で
実際に会いまくっている
サイトのみ紹介するぞい!

詳しい説明はコチラ

お気に入り

相互リンクサイト様

最近のコメント

    RSS

    livedoor Readerに追加
    My Yahoo!に追加
    Googleに追加

    このページの先頭へ