不倫人妻をセフレにするときの注意点

人妻 セフレ 不倫
 

不倫・浮気というのは、実は出会い系でできる出会いの中でもかなり多くの割合を占める。

その上、不倫・浮気というのは、エッチにつながりやすい出会いとしては最上位じゃ。

 

なぜなら、「不倫や浮気」というもの自体、「彼氏が欲しい!」「結婚したい!」という婚活・真面目な出会いとは一線を画すものだからじゃ。

 

この場の定義からして、セフレなどとの相性が良いというか、セフレそのものだと言っても良い。(本気になったら別じゃが)

 

というわけで、今回は「不倫人妻をセフレにするときの注意点」について書いていきたい。

 

不倫の慰謝料相場は50~300万

まず、不倫の注意点の中でも最大のものは、不倫の慰謝料じゃ。

 

不倫というのは、法律上の「不貞行為」にあたるので、不倫したら相手のパートナー、もしくは自分のパートナーから慰謝料を請求される可能性がある。

 

その相場は決して安いものとは言えない。

不倫により夫婦が実質何も変わらなかった場合でも50万円程度は請求されてしまうし、それにより別居したらもっと高額、離婚に至れば数百万の慰謝料をとられることも珍しくはない

 

そういう意味では、不倫の中でも最大のリスクが「慰謝料」だといえよう。

 

人間関係の崩壊も見過ごせない

不倫のリスクというのは、お金だけではない。

不倫相手を身近(学校や職場等)で見つけていた場合には、不倫の露呈により家庭以外の人間関係も崩壊しかねない

 

いわゆる「社内不倫」であれば、それが周囲にバレてしまった後は会社自体に居づらくなってしまう可能性が大きい。片方が会社を辞めてしまうのもよく聞く話じゃ。

 

習い事なども、力を入れてやっていた場合でも辞めざるを得なくなることが多い。というか、習い事で不倫した場合には相手に辞めさせられる、と言ったほうが正しいじゃろう。

 

これは、職場のようなリアルな関係だけではなく、SNSなどでもそうじゃ。

 

SNSでは夫や妻(配偶者)とつながっていることも多く、そこからバレることも多い。もちろん、その場合にはSNSつながりで不貞行為が拡散される可能性すらある。

 

以上のように、不倫では人間関係の崩壊リスクというのも大きなデメリットなんじゃな。

 

不倫相手は出会い系で見つける

というわけで、不倫がバレるとひどい目にあう、ということをお話してきた。

しかしながら、不倫・浮気というのが蜜の味なのも事実

 

だから、不倫や浮気をしたいときには、「バレない出会いをすること」と「バレても大ごとになりにくい相手を選ぶこと」を心がける必要がある。

 

もっと具体的に言えば、今までの人間関係とは違うところから赤の他人と出会えばバレにくいし、バレても破壊的な事態になりにくいのじゃ。

 

だからこそ、不倫や浮気相手は出会い系で見つけるのがベストだと思う。

 

不倫相手を出会い系で見つけるメリット

出会い系であれば、今あなたの周りにある人間関係とは100%断絶しているはず。

今までの人生では接点がありようもない人とも出会えるので、バレる確率というのはぐっと下がる。

 

優秀と言われる日本の警察でさえ、あなたのスマホのログを見なければ二人の関係を割り出せないじゃろう。

まず、バレにくいこと自体が最大のメリットじゃ。(スマホはロックをかけておこう)

 

さらに、バレた時のダメージも小さい。

なぜなら、「出会い系で出会った女(男)」と不倫された、ということで終わりだからじゃ。

 

相手からしても、人物像をイメージしやすい「社内で部下と不倫した」のとは全く違う。

慰謝料請求、というような話になってくることも考えづらい。

 

相手からすれば、「ホスト」「キャバ嬢」「風俗嬢」と浮気した、よりは嫌だなという程度じゃ。

相手からの嫌な度合いは、「社内の人などの近しい人物>>>出会い系で出会った正体不明の人物>>風俗嬢やキャバ嬢などのプロ」という感じじゃろう。

 

以上のように、不倫は出会い系でするのがベストじゃ。

なお、不倫人妻を意図的に集めている優良出会い系サイトはPCMAXなので、興味があれば覗いてみてほしい。

 

PCマックス 公式サイトはこちら

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

出会い仙人じゃ。

10年近い出会い系経験で
実際に会いまくっている
サイトのみ紹介するぞい!

詳しい説明はコチラ

相互リンクサイト様

このページの先頭へ

error: Content is protected !!