失恋のショックから3日で立ち直る方法

失恋 立ち直る
 

失恋というのは、何歳になっても辛いものじゃな。

 

ワシのように、今まで通算何十回フラれてきたのか自分でも分からんような出会いジジイでも、やはりフラれるというのはつらい。この痛みというのは、慣れることがないんじゃろう。

 

ただ、失恋のショックを和らげる方法はなくとも、失恋から3日で立ち直ることは出来る。今回はワシが実際にやっているその方法を伝授しよう。

 

次の出会いに死ぬ気になる

とはいえ、ワシの方法は「この秘密の方法であなたは失恋を乗り越えられます!」みたいな怪しい方法ではない。もっと単純でつまらない方法じゃ。

 

次の出会いに死ぬ気で取り組む。

 

これだけじゃ。

 

フラれた直後は、「もう、あんなに素晴らしい女性と出会えることはない」「あの女性にフラれてしまったからには、自分の人生はもうおしまいだ。すくなくとも恋愛面では死んだも同然だ」と思ってしまいがちじゃ。

 

だから、「次の出会いに死ぬ気で取り組む」とか言われても、そんなことが出来ればとっくの昔にやってるよ、という感じじゃろう。

 

しかしながら、そこをどうにか本気で次の出会いをゲットするつもりで言ってほしい。

 

方法は、問わない。狂ったようにストリートナンパするのでもいいし、狂ったように飲み会の予定を毎日入れるのでもいい。(もちろん、そのためには人脈が必要じゃが…)

 

とにかく、次の出会いを求める。仕事以外の1分1秒を出会いに賭ける。

 

ノリでいつもは声をかけられない子を飲みに誘ってみてもいい。死にたい気分かもしれないが、そのネガティブエネルギーを使ってしか成し遂げられないこともあるのじゃ。せっかくじゃから、恋愛で得てしまったネガティブエネルギーは恋愛で使ってしまおう。

 

死ぬ気で出会いを求める場がない人は

ただし、死ぬ気で出会いを求める場がない人もいるじゃろう。合コンや友達の紹介なんぞ、1週間に2回組めればいい方じゃろ。

 

そんな低頻度では、はっきり言って死ぬ気で出会いを求めているとは到底言えない。あなたも「出会いに一生懸命になっている感」が感じられないことと思う。

 

ストリートナンパをするのもいい、と先ほど軽く言ったが、ストナンのハードルはかなり高い。ワシもストリートナンパはやったことがあるので、それはよく分かる。

 

そもそもストリートナンパが流れるようにできる人間であれば、「フラれても次の女が出来るだろ」と思えるオープンなチャラ男になっていてもおかしくない。笑

 

そんな人におすすめなのが、出会い系サイトじゃ。

 

出会い系サイトに登録し、10分以内に5人以上に声をかけてみよう。プロフィールの閲覧が無料な出会い系であれば、いい女を探しまくってみるのも楽しい。

 

ワシは出会い系が専門じゃが、マッチングアプリに手を出してみるのも面白い。マッチングアプリは出会い系とは違って月額定額制じゃが、無料会員でも女性会員の写真を見ることは出来る。

 

あなたを振った女性よりも、圧倒的に魅力的な子が、そこにはいるはずじゃ。

 

出会い系の使い方(失恋バージョン)

出会い系は、見ているだけでも楽しいのじゃが、失恋バージョンであればもっと思い切ったことをしよう。つまり、課金してみようということじゃ。(ワシは出会い系の回し者ではないが、そっちのほうがよっぽど楽しいのは間違いない)

 

2~3千円くらい課金しておけば、少なくとも1~2人の女性に会うことが出来るじゃろう。あなたが、今までネットで女性に出会ったことがなければ、たとえ来た女性がブスであっても、楽しいと思う。

 

なぜならば、素人女性に出会えるということは、続けていけば「美人の素人女性」に出会える日も遠くないということが分かるからじゃ。(そして、それは真実じゃ)

 

ワシは、失恋から3日以内に出会い系で女性と出会うことで、失恋を克服している。これは、失恋から3日以内に新しい女性に出会うと魔法のように失恋の痛みがなくなるということではない。

 

そうではなく、3日以内に出会おうとする集中状態で痛みを忘れ、さらに実際に女性に出会うことで「ワシはまだまだやれる、世界には女性がまだまだいる」ということを確認する、ということじゃ。

 

失恋したら、3日以内に新しい女性に出会う。ウソみたいな方法じゃが、効果はある。ぜひやってみてほしい。

コメントを残す

サブコンテンツ

相互リンクサイト様

このページの先頭へ

error: Content is protected !!